古いヴィトンでもあっても間違いなく売れる

基本的に高級ブランド品というのは人気があり、需要があります。そして何より定価価格も高額になるため、買取金額が高くなる傾向にあるのです。

宅配買取の流れ

申し込み

宅配買取の申し込み方法は、電話もしくはインターネットでできます。業者によって多少異なりますが、基本的に往復の送料代、梱包キット、キャンセル料は無料なのです。

梱包

実際に宅配買取を予約すると最短で翌日に梱包用の段ボールが到着します。そして、自分の査定したい荷物を段ボールに詰めます。梱包する際には、買取申込書が同封されているのでその書類にサインして、身分証明書のコピーと一緒に同封します。

発送

発送する際には、直接宅配業者に持って行くと思っている方がいますが、最近では集荷のサービスがあります。集荷サービスを活用することで、自宅にいるだけで梱包した荷物を取りに来てくれるのです。

査定

荷物が到着後3営業日以内にすべての商品の査定を行います。その後は買取金額の連絡を行います。もし、その査定金額に納得いかなければ、その商品は後日戻ってきます。負担する金額は一切ないので、自分が少しでも納得いかないものは買取の契約を結ばず別の業者に委託してみましょう。

振り込み

納得いった査定金額であれば、その連絡で契約を結ぶことができ、指定の口座に買取金額が振り込まれます。振り込みの際にかかる手数料は負担してくれるので、買取金額分をそのまま受け取ることができるのです。

見積もりをして買取ってもらう

ファッションアイテム

痛んでいても高額買取の可能性がある

ヴィトンの製品は人気と需要があるということなので、痛んでいたとしてもまた修復して使うことができるブランド製品です。高額で買取ってもらうことができます。

古いモデルのヴィトンでも売れる

古いモデルのヴィトンがあるけど、おそらく売れないからといって知人にあげたりするのではなく、まずは無料査定をしてもらいましょう。ヴィトンの場合は、たとえ古くても高額買取として取引されることが多いので、査定することをおすすめします。査定の際には、できるだけ複数の店舗に足を運んで比較してもらうことが重要です。

委託販売を利用する

複数の店舗などに訪れる時間がない方の場合には、委託販売のサービスを活用するといいでしょう。この委託販売は、売りたい商品を預けることで代わりにその商品を売ってくれるサービスになります。費用や出品の手間が一切かからないため、誰でも手軽に始めることができる新たなサービスとなっています。

買取に必要になるもの

実際に買取の契約をする際には、身分証明書による本人確認が必要となります。身分証明書として有効なものは、運転免許証・パスポート・各種健康保険証・住民票の写しです。

身分証明書の提示が必要な理由

身分証明書の提示については、古物営業法の第15条「確認の方法など」に記載されているものになります。古物商は、古物を買い受けもしくは交換の委託を受けようとするときには、相手方の真偽を確認するために身分を証明することが義務付けられているのです。身分証明書がないと買取ってもらうことができないので、身分証明が必要であるということを覚えておきましょう。

広告募集中